ウクレレママの声

保育園でも褒められる子になりました!

本日はウクレレタイムを実践し
周りからも「集中力あるね!」と言われるようになったという
ウクレレママさんのお声をお届けします。

高野まゆきさん
30代 医療事務(元保育士)
3歳の男の子と2歳の女の子のママ

 

①集中力について悩んでいたことはありますか?

当時2歳だった息子は、周囲の色々なものに目移りしてしまったり、
1歳娘が母に抱っこされているとヤキモチを焼き始めて遊びが中断したりと、
落ち着きのなさ、集中力のなさを感じさせる状態でした。

お絵かき、パズルなどじっくり遊べるような環境を整えたくても、
兄妹で興味もバラバラ。

更に、甘えたい盛りの二人はそれぞれママを独り占めしたくて
すぐに私の膝を取り合うため、
そういった遊びへの誘導さえもままなりませんでした。

もっと他に良い方法はないのか、
子どもたちがキーキーせずに親子でリラックスしなから自然と集中できる。
そんな場面を作り出せないものか…と途方に暮れながらも、
手応えのある方法を見つけられずに居ました。

また、キーキーする子どもたちにつられ
私自身もイライラスイッチが浅くなってしまい、
まさに負のループの中に居ました。

 

②集中力について変わったことはありますか?

まず、ウクレレタイムによってママとの濃厚なスキンシップ時間を確保できたことで、
すっと私から離れて集中して1人で遊べることが多くなりました。

一緒に遊んでほしいときも、少しなら待っていられるようになったんです。

おかげで私も、待ってくれている時間をうまく使いながら下の子の世話、
家事などを行うことがき、子どもたちと笑顔で関われる時間がとても増えました。

今では集中しているとこちらの声は全く届かないほど、
やりたいことに没頭できています。

子どもの集中力の土台が育っている!ということを、
日に日に感じることができました。

また、ウクレレタイムがあることで、子どもに我慢させすぎてないかな?
年子ってお互いに我慢させてばかりで可哀想だな…という
マイナスな気持ちや子育てに対する不安を
私自身が貯め込むこともなくなりました。

ありがとう、大好きだよ。の想いを100%ダイレクトに伝えられる
ウクレレタイムの時間は、私たち親子にとって魔法みたいだなと思いました。

ママの心の安定が子どもたちの成長をより促しているということも、とても強く感じました。

 

③周りから変化を言われたことはありましたか?

まずすぐに現れた変化としては、私の声が届かない時間ができたことです。
『わ…!今集中してたのね!話かけてごめんね!』
そう思わされる瞬間が増えていきました。

そして、保育園デビューしてすぐに
「遊ぶのも待つのも、とても上手でクラスのみんなを引っ張ってくれています。
集中力が凄くありますね〜!」と褒められたり、

祖母にも「最近、落ち着いて(集中して)お話が聞けるようになったね!」と言われたり、
褒めてもらえることが増えました。

また、45分間のリトミック教室では、
先生の言葉一つ一つに集中できるようになったことで表現力や積極性が増しました。
周りのママからも「凄いね!」と褒められるようになりました。

ウクレレタイムを積み重ねることで、
パパにも自然とホームリトミックが浸透していき、
子どもの前で恥ずかしげもなく大声で歌えるパパに変身しました。

子どもたちもパパが歌ってくれるのが嬉しくて、
今では家族みんなで大合唱していたりします。

ウクレレタイムの毎日の積み重ねが、
ここまで家族に良い影響を与えたことに感動が止みません。
また、毎日繰り返し続けていくことの大切さも日々実感しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA