お役立ち情報

これだけ覚えましょう☆子どもがイヤイヤしても叱るのはこの3つのポイントだけ

11月限定!

講座スタートで
1万円相当のウクレレとチューナー
プレゼント

間も無く締め切ります!

 

今年中にイヤイヤっ子
やりたい!に変える

クリスマスに家族みんなで楽しめる
ぼくだけのあそびうた」を作ろう

我が子の12タイプ別診断付き

ウクレレタイムZOOM個別体験会

スクリーンショット 2018-11-16 13.11.11.png

詳細・日程はこちらから↓

%%%_LINK_12662_%%%

 

 

昨日の講座で
こんなお悩みがあったので
%LAST_NAME%さんにも
シェアしますね☆

 

「ついイライラして
子どもに怒りすぎてしまうんです。

褒めて育てなきゃって
頭では分かっているけどできなくて・・・

子どもが謝って来ても
上手く切り替えができないんです。」

 

これはツライですね。

ママさんはとても子育てに熱心で
「これではいけない」
それをしっかり理解はできているんです。

だけど
方法が分からないんですよね。
だから上手くできないんです。

プンプン.jpeg

安心して下さい。
ママさんが悪いわけではありません☆

 

今日は叱るということについて
わかりやすく
お話させていただきます。

 

 

%LAST_NAME%さんは
叱るってどんなイメージですか?

「子どもは叱ってはいけない
 褒めて育てなさい」

そんな言葉も耳にしたことがあるかもしれません。

 

では子どもが何かしてしまった時
%LAST_NAME%なら
どんな対応をしますか?

 

一生懸命
「諭すような声掛け」を
しているママを見かけます。

 

それって素晴らしい子育てだと思いますか?

 

もちろん声を荒げるだけが
子育てではありません。

 

「叱る」と「怒る」は違います。

 

「怒る」は感情をぶつけ
恐怖心を与えること。

それに対して
「叱る」はよくないことをやめさせ
新しい行動を教えること。

 

お教室をしていても思いますが

今は様々な理由で
叱れないママが多いようです。

 

子どもだからって

人目を気にしていつも叱らずに
「それは違うよ〜」
「いけないよ〜」

優しく諭し続けたって

子どもはいずれ調子に乗ります!

 

親として
叱らなくてはいけない時もあるんです。

 

 

では、%LAST_NAME%さんは
どんな時にお子さんを叱りますか?

 

子どもを叱るべきことは

3つだけ

覚えて下さい☆

 

子どもを叱るべきこと

1、身を守るため

2、社会のルールを守るため

3、人との良い関係を築くため

 

詳しく説明します。

 

1、身を守るため

私たちの周りには危険があふれています。
交通安全や見知らぬ人には
ついていかないことなどを約束させ
守れない時にはしっかり叱りましょう。

 

2、社会のルールを守るため

「レストランでは大騒ぎしない」など
社会のルールを守るよう伝え
守れない時にはしっかり叱りましょう。

 

3、人との良い関係を築くため

友達をいじめたり
騙したりすることがあった時は
しっかり叱りましょう。

 

こんな時は?と迷う事があったら
いつでもメール下さいね☆

 

 

ただ私は思います。

世の中には情報社会。
キレイゴトであふれています。

 

もちろんその通りにできたら
素晴らしいかもしれません。

 

でも実際、毎日子育てをしていて
そんなに完璧な子育て

できますか?!

 

私にはできません!!

だから私はこうお伝えしています。

 

叱ったっていいじゃない

時々なら
感情的になったっていいじゃない

だってママも人間だもの。

 

イライラすることだってあるし
嫌なことだってある。

それを伝えることはいけないこと?

 

伝えてこそ
「ママは嫌だったんだな」と
子どもも学ぶことができます。

 

ただそれによって
「良くなかった」
「言い過ぎちゃった」

そう%LAST_NAME%さんが
自己嫌悪に陥ってしまうならば

その後で必ずやって欲しいことがあります!

 

これをしなければ
お子さんの心は
%LAST_NAME%さんから離れていきます。

 

そのことについては
また明日書きますので
ご覧下さいね☆

 

 

 

無料ダウンロードはもうお済みですか?

 

スクリーンショット 2018-11-12 20.15.45.png

ダウンロードはこちらから↓

%%%_LINK_13378_%%%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA