お役立ち情報お知らせ

衝撃!睡眠習慣は2歳までに決まる?!

今日は私の原点である
渋谷のカフェに来ています。

 

 

私は「子育てママのために」
という想いを形にするため

1年半前にこの場所へ
今のビジネスの師匠に
逢いに来ました。

 

 

そしてそんな場所でまた新たな
理想のインストラクターさんに
出会うことができました。

67196830_372464870133629_2017884534556590080_n.jpg

私と同じ年の息子さんがいるママさん。

 

娘さんは間も無く
お子さんが生まれるそう。

おばあちゃんになるんです!

 

 

 

そんなママさんが
ご自身の想いを広げる
新たな挑戦の舞台として

ホームリトミックを
選んで下さいました。

 

 

 

%LAST_NAME%さん、
このママさんのこと
かっこいいと想いませんか?

 

こんなかっこいいおばあちゃん

最高だと想いませんか?

 

 

こんなお婆ちゃんの
背中を見て育つお孫さんは

どんなに幸せだろう!

どんな子どもに育つのだろう!

想像しいただけで
ワクワクが止まらない私です^^

 

 

 

 

では今回は睡眠不足が引き起こす
衝撃の事実をお伝えします!

 

「子どもにも早起き・早寝が大切」

「質のいい睡眠が
 子どものすこやかな成長につながる」

という知識は、
多くのママ・パパが持っていることでしょう。

 

けれど
「子どもがなかなか寝ない」
「夜中に何回も起きて大変」など
赤ちゃんの「眠り」に関する問題は、

依然として多くのママ・パパを
悩ませています。

 

 

授乳や離乳食の
「飲まない・食べない」という悩みなら
「すぐに解決しなきゃ!」と感じることでしょう。

また、乳児健診時などに
保健センターの保健師に質問できたり

保育園に通っているならば
保育士などに聞いたり
専門家に相談しやすくなっています。

 

けれど、眠りの悩みは
相談できる専門家が少ないんです。

 

 

 

また
「子どもってそういうもの」
「いつかはおさまるはず」と
思っていませんか?

そんな風にじっと耐えている
お母さんもいるのが実際です。

 

ですが実は
子どもの起床・就寝時間が遅すぎたり
生活リズムが毎日バラバラだったり
夜まとまった時間眠っていなかったりすると

将来、体全体の病気につながる
可能性があることがわかってきました!

180224_生活 子供 勉強 できない HK画像18-01.jpg

 

さらに!
「陽が昇ったら起きて、
陽が沈んだら眠る」ことができない

睡眠障害にまで発展すると、
不登校につながることが
研究でわかってきています。

resize.jpeg

 

さらには発達障がい
糖尿病などの生活習慣病

子どもの将来にかかわることにも
関連している可能性があることが、
少しずつわかってきたのです。

 

 

人類は
「陽が昇ったら活動し、
陽が沈んだら眠って休む」
というサイクルで生活をします。

また、その生活に対して
適切に働く体内時計
構築してきました。

 

ですが現代は
夜遅くまで活動する人が多い
夜型社会になっていて、

体内時計と社会生活との間に”ずれ”が
生じやすくなっているのが原因なんです。

 

 

でもそれって
大人になってから改善できるでしょ?

そう思われる方も多いと思います。

 

しかし!!

 

人の体内時計が確立するのは、

1才6カ月ごろから
2才ごろまで。

 

なので、昼夜の区別がついてくる
3~4カ月ごろから、
早起き・早寝の規則正しい生活リズムで
過ごすことが大切なんです!

また、妊娠中のお母さんの生活リズムが、
おなかの赤ちゃんの体内時計形成に
かかわっているという説もあります。

 

 

 

2才をすぎても
寝かし付けに苦労している・・・

そんなお母さんは
特に要注意!

今すぐ
改善を目指してあげて下さい!!

つらい.jpg

 

今、お子さんの眠りについて
悩みがあるお母さんは

お子さんのためにも
まず正しい眠りや生活リズムの
知識を身につけましょう。

 

 

ではどうしたらいいの?!

そんなママさんには
ホームリトミックが
とても効果的です。

 

 

次回はホームリトミックが
睡眠や生活リズムを整えるために
有効な理由を
お伝えしますね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA