知らなきゃ損!子どもの集中力を高めるママの4つの心得教えます♪

昨日は、習い事を始める前に
集中力を高めることが大切!と
お伝えしました。

 

ではそのために
何をすればいいと思いますか?

 

今日は特別に

子どもの集中力を高める

ママの4つの心得を教えちゃいます♪

 

これは絶対に知っておいた方がいいので
最後まで読んでくださいね!

IMG_0966.JPG

 

===============

子どもの集中力を高める
ママの4つの心得とは?

===============

 

1、集中力が続く環境を整えましょう

 

大人でもそうですが
一つのことをしようとしている時に

賑やかな状態では
どうしても興味は他の方向へそれてしまい

集中力が持続しません。

 

幼児期はただでさえ
集中力の持続時間が短い時期なので

子供が興味を引くような余計なものを排除して
環境を整えましょう。

 

 

2、生活体験を通して集中力を養いましょう

 

乳幼児期は生活体験の全てが
集中力を養う場になります。

無理に机に10分間座らせることには
全く意味はなく

逆に学習することにイヤなイメージを
押しつけてしまいかねません。

 

自分で洋服を用意して着替えること、
パパやママのお手伝いをすることなど

小さい子どもにとっては生活の全てが楽しく
無理なく興味を引く対象です。

 

乳幼児期は子どもに
さまざまなことを体験させて
楽しい雰囲気で
集中力を養って
いきましょう。

 

 

3、遊びを通してトレーニングをすすめましょう

 

集中力を伸ばすときに一番適しているのは
本人の興味のあるもの
楽しいものを
トレーニングに取り入れることです。

 

小さい子どもが一番好きなのは遊びですので
ボール遊びやごっこ遊びなどに誘いながら
楽しく集中力を高める
トレーニングをすすめていきましょう。

 

子どもの興味はみんな違いますので
子どもによって集中力の付け方も
違ってきます。

 

わかり易い言葉で問いかけて
子どもに答えさせることで
興味とやる気を惹きつけて

子どもの集中力
徐々に伸ばしていきましょう。

 
 

4、親が一緒に参加して集中力をアップさせましょう

 

幼児期の子どもは親といる時が
一番リラックスして
能力を発揮することができます。

 

集中力のトレーニングも
子どもだけでやらせるのではなく

パパやママが一緒にいて
サポートしてあげながら
進めていきましょう。

 

小さい子どもは
好奇心が旺盛なので

子ども一人で放っておいても
次々に遊びを変えるだけで

集中力は養われません。

 

親子の触れ合いもかねて
パパやママが子どもと一緒に遊びながら
集中力を養ってあげましょう。

 

 

 

いかがですか?

この4つのことを
1度にできてしまう子育て法が

ウクレレタイムです!

fullsizeoutput_1a8.jpeg

ウクレレタイムを
毎日たった10分だけ行うことで

自然とママの4つの心得に従うことができ
子どもの集中力が高められます☆

 

 

さあ、お子さんの習い事を
検討しているママさーん!

「うちの子、どれが合うのかしら?」

心配するとこ
そこじゃないよね!

 

習い事で成果を出せる子どもに育てるために
まずはウクレレタイムで
集中力を高めてあげて下さいね。

 

 

夜のメルマガでは
3月限定!

5名様限定プレゼント付き
個別体験会を募集しますよ!!

お見逃しなく♡

要チェック.jpg

 

私もがんばります!
がんばって^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。