お知らせ

ゆっくり食事ができない!子供の落ち着きのなさの原因は?

今日も夫は出張。

そんな日は3歳の娘との外食が
楽しみになっています。

 

ママ友からは
「子どもと2人だけで外食なんて
座っていられないから無理!凄すぎ!!」
と言われます。

 

基本的にワンオペ育児の私ですが
ウクレレタイムで心のゆとりと
子どもの集中力が高まればへっちゃらです。

 

今日は大好きなラーメンに全部乗せして
お腹いっぱいです♪

49575748_1267827106690618_1878995381082128384_n.jpg

 

今日はこんなメールをいただいたので
皆さんにもシェアさせていただきますね!

 

===============

ゆっくり食事ができない!
子供の落ち着きのなさの原因は?

===============

 

メールの内容↓

私の息子は3歳なのですが
じっとしていられない、
とにかく落ち着きがない子なんです。

 

ベビーカーやチャイルドシートには
長く乗っていられないし、
電車に乗るのも一苦労。

レストランに入っても
ゆっくり食事は出来ないし、
スーパーでは周りの目を気にせず大騒ぎ。

一瞬のうちにどこかへ行ってしまい、
迷子センターのお世話になることもたびたび。

児童館のおゆうぎには参加できたことがなく、
同じ遊びやおもちゃにはすぐに飽きてしまい、
座っている暇もない程の激しい目移り。

 

「こんなに落ち着きがないのは、
息子が特別なんじゃないか…。」

「落ち着きのなさは個性?それとも…。」

と悩む日々です。

 

何一つ思い通りにいかない子育てに
不安がつのり、

イライラして息子に怒鳴ってしまうことも
よくあります。

 

ウクレレタイムで
改善することはできるのでしょうか?

 

ここまで。

 

 

このママさんのように
お子さんの落ち着きのなさで
悩んでいらっしゃるママさんは
多いのではないでしょうか。

 

 

落ち着きがないというのは
別の言葉では
集中力がないともいえます。

 

では実際に、
どのくらい子どもの集中力
続くものなのでしょうか。

 

集中力が続くのは
幼児期の子どもであれば
年齢+1分ほど
といわれており
かなり短いことがわかります。

小学生で15分ほど、
中学生で30分ほど、
高校生で45分ほど。

大人でも最長50分で、
本当に集中力を高められるのは
15分ほどしかありません。

 

大人でこれですから、
幼い子どもの集中力が短くても
仕方のないことです。

 

 

ですが
仕方ないで終わらせていては
我が子のためになりません!!

 

 

集中力は一般的に6歳頃までに
養われるといわれています。

小学校に入って45分間の授業中に
じっと座っていられかどうかは、
幼児期の過ごし方が大きく影響します。

 

家庭環境はもちろん、

幼稚園や保育園での
生活も重要になるので、

その子の成長に合った接し方や
幼稚園選びなどの環境を整えてあげることが
とても大切になります。

 

 

では
落ち着きのない原因は
どんなことが考えられるのでしょうか。

 

落ち着きがない原因には、
以下の5つが考えられます。

子どもが落ち着かずに動き回るのは
その子なりの原因がありますので、
お子様をよく観察し
原因を追究していきましょう。

 

1、好奇心旺盛で欲求が抑えられない

2、自己主張の始まり

3、ストレス

4、関心を引きたい

5、ADHDの可能性
(ただし小学校以降も治らない場合ですので
あまり考えすぎないでくださいね!)

 

明日はこの5つについて
詳しくお話しますね!

今日も夫は出張。

そんな日は3歳の娘との外食が
楽しみになっています。

 

ママ友からは
「子どもと2人だけで外食なんて
座っていられないから無理!凄すぎ!!」
と言われます。

 

基本的にワンオペ育児の私ですが
ウクレレタイムで心のゆとりと
子どもの集中力が高まればへっちゃらです。

 

今日は大好きなラーメンに全部乗せして
お腹いっぱいです♪

49575748_1267827106690618_1878995381082128384_n.jpg

 

今日はこんなメールをいただいたので
皆さんにもシェアさせていただきますね!

 

===============

ゆっくり食事ができない!
子供の落ち着きのなさの原因は?

===============

 

メールの内容↓

私の息子は3歳なのですが
じっとしていられない、
とにかく落ち着きがない子なんです。

 

ベビーカーやチャイルドシートには
長く乗っていられないし、
電車に乗るのも一苦労。

レストランに入っても
ゆっくり食事は出来ないし、
スーパーでは周りの目を気にせず大騒ぎ。

一瞬のうちにどこかへ行ってしまい、
迷子センターのお世話になることもたびたび。

児童館のおゆうぎには参加できたことがなく、
同じ遊びやおもちゃにはすぐに飽きてしまい、
座っている暇もない程の激しい目移り。

 

「こんなに落ち着きがないのは、
息子が特別なんじゃないか…。」

「落ち着きのなさは個性?それとも…。」

と悩む日々です。

 

何一つ思い通りにいかない子育てに
不安がつのり、

イライラして息子に怒鳴ってしまうことも
よくあります。

 

ウクレレタイムで
改善することはできるのでしょうか?

 

ここまで。

 

 

このママさんのように
お子さんの落ち着きのなさで
悩んでいらっしゃるママさんは
多いのではないでしょうか。

 

 

落ち着きがないというのは
別の言葉では
集中力がないともいえます。

 

では実際に、
どのくらい子どもの集中力
続くものなのでしょうか。

 

集中力が続くのは
幼児期の子どもであれば
年齢+1分ほど
といわれており
かなり短いことがわかります。

小学生で15分ほど、
中学生で30分ほど、
高校生で45分ほど。

大人でも最長50分で、
本当に集中力を高められるのは
15分ほどしかありません。

 

大人でこれですから、
幼い子どもの集中力が短くても
仕方のないことです。

 

 

ですが
仕方ないで終わらせていては
我が子のためになりません!!

 

 

集中力は一般的に6歳頃までに
養われるといわれています。

小学校に入って45分間の授業中に
じっと座っていられかどうかは、
幼児期の過ごし方が大きく影響します。

 

家庭環境はもちろん、

幼稚園や保育園での
生活も重要になるので、

その子の成長に合った接し方や
幼稚園選びなどの環境を整えてあげることが
とても大切になります。

 

 

では
落ち着きのない原因は
どんなことが考えられるのでしょうか。

 

落ち着きがない原因には、
以下の5つが考えられます。

子どもが落ち着かずに動き回るのは
その子なりの原因がありますので、
お子様をよく観察し
原因を追究していきましょう。

 

1、好奇心旺盛で欲求が抑えられない

2、自己主張の始まり

3、ストレス

4、関心を引きたい

5、ADHDの可能性
(ただし小学校以降も治らない場合ですので
あまり考えすぎないでくださいね!)

 

明日はこの5つについて
詳しくお話しますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA