【要注意】早期教育の落とし穴とは!

「早期教育」という言葉は
聞いたことがありますか?

 

「早く教育を始めればいいんでしょ?」

なんて思われているママさんはいませんか?

 

 

実はここで
勘違いママさんが多発しています!

今日はメルマガ読者のあなただけに
「早期教育」の本当の意味を
お伝えしますね!

 

 

 

早期教育という言葉だけを聞いて

数字を教えたり
文字を教えたり
言葉を教えたり

一所懸命に左脳だけに働きかけようとする
ママさんがとても多いです。

 

しかしこれでは
なかなか成果が出ず
がっかり・・・

 

 

本来の早期教育とは
右脳教育のことなのです!!

 

 

 

昨日お伝えした通り
0〜3歳までは右脳しか働いていません。

にも関わらず左脳だけにアプローチしても
なかなか成果が出づらいのです。

 

つまり本来の早期教育は
右脳を上手に使いながら
左脳にアプローチをしていくこと
必要なのです!

 

ダウンロード (12).jpeg

 

実際、東大生の60%

乳幼児期に

音楽系の習い事をしていた

という統計もあるほど!

 

 

 

右脳を使いながら
左脳にもアプローチできる教育法が

リトミック教育なのです!

 

 

こちらは夏に行ったイベントの動画です↓

%%%_LINK_15458_%%%

 

 

このように先生の声に
しっかり耳を傾けることで集中

「次は何が来るのかな〜」と想像

先生の言葉にすぐに反応し表現する

 

 

そのため、まさに人間力と言われる
大事な5つの力が養われるのです。

 

スクリーンショット 2020-06-27 0.06.20.png

 

その中でも
ホームリトミックアカデミーが
特に力を入れている部分が

集中力!

 

 

実はこの集中力はこれからの
AI社会・グローバル社会において

何よりも大切な力なのです!

 

 

 

なぜ集中力がそんなに大切なの?

明日お伝えしますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA