【動画あり】鯉のように逆境を乗り越えられる子どもに育てるためのたった一つの方法とは?

===============

一番の英才教育は
母が背中を魅せること!

===============

 

今日は子どもの日ですね。

お子さんのお祝いをするご家庭も
多いと想います。

 

私も今日は1日お休み!
娘とちらし寿司を作って
お祝いしようと想っています。

 

 

 

行事は日本の風習を学んだり
季節を感じる心を豊かにするために
とても効果的!

 

小学校に行くと必ず国語の授業があります。

そのためにも乳幼児期から
行事を上手く使って
心を育てていきたいですね。

 

 

 

ということで
童謡『こいのぼり』を
ウクレレで弾き語りしました。

スクリーンショット 2020-05-05 1.58.23.png

YouTube動画はこちらから↓

%%%_LINK_22182_%%%

 

 

 

4拍子の曲がほとんどの中

この曲はレアな3拍子!

 

リズム感を鍛えるためにも
たくさん歌ってあげたい一曲です。

 

 

赤ちゃんからできる!
身体を使ってリズム感を鍛える方法
お伝えしていますので

ぜひご覧いただき
実践してみて下さいね^^

 

 

 

では皆さんはこの
こいのぼりの由来をご存知ですか?

 

中国の黄河上流には激流が連なった
『竜門』と呼ばれる難所があり

そこを登り切った魚は
竜になれるという登竜門伝説があります。

 

こいのぼりはこの登竜門伝説にあやかり

男の子が様々な困難に打ち勝って大成する
立身出世の象徴として
飾られたことがきっかけです。

 

 

吹流しは
のぼりを立てるお金のなかった庶民が
鯉の代わりに作って飾ったことが
きっかけだそう。

鯉のぼりの由来とは?色にはどんな意味があるの? | いい日本再発見

 

昔は今の日本ほど
裕福ではありませんでした。

 

ですが
「上を目指したい」という夢
今の日本人よりも
大きく持っていたと想います。

 

 

皆さんはお子さんに
でっかく夢を持ち
実現のために努力できる子どもに
育って欲しいと想いませんか?

 

 

ではそのために
母として何ができるでしょうか?

 

 

私は娘に

夢を追いかけ続ける
背中を魅せること!

これが一番の英才教育だと想っています。

 

 

ホームリトミックアカデミーには
そんな前向きで向上心の強い
輝くママがどんどん集まってくれています。

94231156_1661645950642063_523532766508220416_n.jpg

 

登竜門をくぐり抜けられる
鯉のようにたくましい
子どもに成長させるため

まずは母が常に向上心を持って
過ごしていきたいですね。

 

 

 

私もがんばります!

皆さんもがんばって^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA