【現場の悲痛な声】小学生の半数以上が”育てにくい子”である事実

昨日はミーティングDAYでした。

現役学童の先生で秘書でもある
鈴木あさみさんと

現役保育士の
よもたなおこさん。

 

2人とも現場を経験しており
ちょうど4月に入って
新学期がスタートしたとのこと。

 

そして昨年の子ども達と
大きく違う姿が見られたというのです。

 

それは明らかに
親子の関わり不足の子が増えた!
というもの。

 

 

 

今日はその中でも
鈴木あさみさんから聞いた
小学生のリアルについて
お伝えします。

91784170_1646177305522261_1413513469856055296_n.jpg

 

鈴木さんが務める学童では
落ち着きのない子が多く

何と半数以上が
グレーゾーンだと言われているそう!

 

 

グレーゾーンとは
発達障害の診断がつけるほどではないですが
少しの発達のズレが生じている
状態のものを言います。

 

 

実は日本は
グレーゾーン大国だとも
言われているのです!

 

 

原因は様々にありますが

グレーソーンの多くは
ママの関わり方が上手ではないこと
原因の場合がとても多いのです!

 

 

ママ自身が未熟のため

上手く子どもに合わせた対応ができず
子どもが素直に育っていないだけなのに

「うちの子は育てにくい」と
グレーゾーン扱いするママが
とても多いのです。

 

 

 

人は経験でしか
語ることができません。

 

 

そのためママは

周りの子と比べて自分の子どもの
評価をつけるしかありません。

 

 

 

%LAST_NAME%さんの
お子さんがもし

グレーゾーンと言われた
経験をお持ちだったり

 

「うちの子育てにくいな」
と思った経験があるならば

周りと比べる前に
%LAST_NAME%さん自身の
対応を見つめ直して下さい。

 

 

今の関わりが
小学校に上がってからの
土台となることを

ぜひ知っておいて下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。